Good Vibes Workstyle

Archives: ひとつ意識

好き嫌いで選ばないことも分離の選択なのか

2020年、私はこのブログの最初のテーマとして「ひとつ意識」を選び、1月6日から4話連続で「ひとつ意識に導かれる行動」を紹介しました。

先日、その中の、

「分離の選択をしない」

について次のような質問を受けました。

「私たちは好みやセンス、相性によって、自分の身近に置くものをより分けているように思います。家具、洋服、書籍、音楽、映画、食事などには、どれも好きだから選びたいものと、嫌いだから選びたくないものがあります。人とのつき合いも同様です。この、趣味嗜好によって何かを選ばないという行為も、分離の選択になるのでしょうか?」

「ひとつ意識」を理解するための重要なポイントを含んだ、とてもいい質問です。そこで今日は、この問いに答えることで、「分離とは何か?」についてもう少し深掘りしてみようと思います。

Continue reading

人との関わりを最小限にする処世術を手放す

「バラバラ意識」にいる私たちは、自分のまわりにいる人々を「敵か味方か?」に大別して、敵方とはなるべく関わりをもたずに暮らそうとします。

一見、敵とまではみなしていないように感じる、

「信頼できる人か、油断ならない人か?」
「気楽に話せる人か、緊張する人か?」
「得意な人か、苦手な人か?」

などの仕分けも、後者の人と距離を置こうとするのであれば、結局は同じような分類をしていることになります。

Continue reading

恐れや不安のない「愛のある選択」とは何か

1月6日に新年最初の記事を投稿してから、ずっと「ひとつ意識」について書いています。

昨年もこの話題に触れてこなかったわけではありません。けれども、どちらかといえば、やはり「意味づけ」や「いまここ」などの、「自分が平安な心でいる方法」についての解説をしがちだったように思います。

グッドバイブスのゴールは、外的な要因によって揺らぐことのない「完全無欠のしあわせ」を得ることにあります。このブログでも何度か紹介したように、それは次のような段階を経て実現すると私は考えています。

第1段階:ひとりのときはグッドバイブスでいられる。
第2段階:周囲の人々の言動や、思いがけぬ出来事に影響されることなく、いつでもグッドバイブスでいられる。
第3段階:自分のグッドバイブスを周囲の人々に伝播できる。

Continue reading

バラバラ意識から抜け出すための唯一の方法

今日はこんな質問から始めてみましょう。

「バラバラ意識とひとつ意識、私たちが生まれた瞬間にもっていたのはどちら?」

自然界のあり方はどうか、人間以外の生物はどうかなど、この謎を解くためのヒントは、私たちのまわりに数多くあります。

でも、やはり私は、これまでに何人ものお母さんにインタビューして得た次の答えこそ、もっとも信頼できる根拠だと考えています。

「生まれたばかりの私の子どもは、間違いなくグッドバイブスでした!」

そしてこれが、拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』で「ひとつ意識」を、

「自分と他の人々、それを取り囲むこの世界の森羅万象はもともとひとつである」

と定義した理由でもあります。

Continue reading

分離の誘惑に打ち克てばひとつ意識が見える

昨日の「与える」に続いて、今日も私たちを「ひとつ意識」に導いてくれる具体的な行動について書こうと思います。

今話のテーマは、

「分離の選択をしない」

です。

私は18歳で東京に出てきて以来、32歳になるまで音楽一筋の人生を歩んできました。時代としては、1981年から1994年くらいまでのあいだです。

Continue reading

相手にしてほしいことを先にあなたが与える

おかげさまで、年末年始はたっぷりと休養をとることができました。本日よりこのブログの日刊での更新を再開します。

2020年の最初のテーマとして、私たちに「ひとつ意識」をもたらす具体的な行動、

「与える」

を選びました。

拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』で書いたように、「ひとつ意識」とは、

「自分と他の人々、それを取り囲むこの世界の森羅万象はもともとひとつである」

と感じられる意識です。

Continue reading

総集編⑤「四つの行動がひとつ意識に導く」

この記事が2019年の最後の投稿になります。そして、今週の月曜日から始めた年末のグッドバイブス特集も今日が最終話です。

ラストを飾るにふさわしいテーマはいくつかありました。でもやはり、多くの人からいまでも「まだ実感できない」「ほかは理解できるけど、ここだけがわからない」などの意見が寄せられる、あの「ぶっ飛んだ話」で締めくくろうと思います。

そう、あなたの予想どおり、

「ひとつ意識」

です。

まずは、これまで書いてきた5話に共通する、グッドバイブスのスタート地点をもう一度、確認しておきましょう。

すべては、自分自身をこう捉えるところから始まります。

「私たちは、絶対不変の価値を携え、しあわせな存在、グッドバイブスな存在としてこの世界に誕生した!」

これを次のように言い換えることもできます。

「私たちは、ひとつ意識をもって生まれてきた!」

つまり、私たちがグッドバイブス、すなわち「平安な心」をもった「本来の自分」に戻りさえすれば、特別な努力などいっさいすることなく、「ひとつ意識」のままでいられるということです。

Continue reading