愛は行動ではなく「愛である」というベース

拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』のエピローグに、突然、

「愛に基づく選択」

という記述が登場します。本文には一度も「愛」という単語は出てこないにも関わらずです。しかも、それに続けて私はこう書いています。

「愛とは何か? について多くを語る必要はありません。私たちは愛がどのようなものかをいつでも完璧に知っています」

つまり、私はこの本の中で、いっさいの説明なしに「愛に基づく選択」をしていれば間違うことはないと言っているわけです。

その理由は、ここでいう「愛」について、言葉で語れば語るほど実体から遠のいていき、読む人の心に愛ではない別のイメージを、数多く想起させてしまうからです。目に見えないものは、言語化と相性がわるいといっていもいいでしょう。

いまでもこのことについての私の考えは変わっていません。ただ、拙著を読んでいただいた方から、「で、結局のところ愛って何なんですかね?」と質問されることが少なくないのも事実です。

そこで今日は、拙著の中で同じく言語化できない「いまここ」を、「未来や過去を思考することに囚われていない状態」と反対側から描写したように、「愛」とは違うものを見ていきながら、「愛」の本質に近づいてみようと思います。

まず、一緒にこの問いについて考えてみましょう。

「愛は行うものか?」

漠然としていて、何やら禅問答のようですが、簡単に言えば「愛」という行為を、私たちは意識的に行うことができるかということです。

もちろん、日常会話の中で、多くの人が「私は○○を愛している!」「もっと私を愛してほしい!」などの文脈を使っています。だとすれば、深く考えるまでもなく「行える」し、実際に「行っている」ことになります。

では、「これを愛してみてください」と言われたとして、あなたは、「走る」「投げる」「食べる」などの他の動詞と同じように、何を行えばいいかを、明確かつ即座に頭に描けるでしょうか。

これに関しては、私もまったく自信がありません。たとえば、「愛する」が「好む」と同義語だとすれば楽勝ですが、それでは圧倒的に何かが足りない気がします。「愛」を行動として考えようとすればするほど、本質から離れていくような気がしてならないのです。

そこで私は、「愛」を「行うもの」ではなく、「そうであるもの」と捉えることにしました。英語で言うならば「Doing」ではなく「Being」です。

「私は愛である」(I’m love)

ということです。

「愛」を、その人の土台や基礎、ベースを表す概念とするわけです。これだけで、「愛」にまつわるさまざまなことがシンプルでわかりやすくになります。

「愛である人が行うことは、すべて愛の行動になる」

「愛とは何か?」を考えるとき、私はいつもこのことを前提にしています。拙著で「愛に基づく選択」と書いたのもこのためです。「愛の行動」を模索するのではなく、「愛をベースに置いて選ぶ」だけでいいのです。

このことを念頭に、私たちのまわりでよく見かける、次のような事柄が本当に「愛に基づいているのか?」を検証してみましょう。

最初の話題は「恋愛」です。多くの場合、誰かを熱烈に好きになることから恋愛は始まります。ただ、その「好き!」という気持ちは同時に、私たちに快くない感情ももたらします。

たとえば、恋人と長いあいだ会えないとき、私たちは「寂しい!」と