Good Vibes Workstyle

身体の役割はコミュニケーションか攻撃か?

今日はこれまでとは少し異なる視点から、いま自分が「ひとつ意識」にいるのか、それとも「バラバラ意識」にいるのかを知る方法を書いてみようと思います。

その基準となるのは、

「どんな目的で自分の身体を使っているか?」

です。

バックナンバー「身体は意識の創造を外の世界に表現する道具」で私は、

「意識こそが私たちの本体である」

と書きました。

私たちは「意識」の中だけで、自分が創造したいもの、伝えたいメッセージ、ふだんの仕事で行うさまざまなことなどを完璧に再現できます。反対に、睡眠中などの「意識」を失った状態では、それらの働きはすべてストップします。

これが、「意識こそが私たちの本体である」と私が考える最大の理由です。

ただし、自分の「意識」を他の人が見たり聞いたりすることはできません。そこで、「意識」の中で思い描いた事柄を現実のものとして誰かに伝えるために、顔やのど、手、足などの「身体」を使って外の世界に表現しているのです。

つまり、

「私たちの身体は、意識が他の人々とコミュニケーションするための道具」

だということです。

そして、「意識」を自分の本体、「身体」を道具と捉えているとき、私たちは「ひとつ意識」にいます。

なぜならば、

「モノではない意識は、何があっても傷ついたり損なわれたりすることがない」

からです。

反対に、「バラバラ意識」にいるときの私たちは「身体」を自分の本体とみなしています。「身体」は「意識」と違って痛みを感じ、外的な要因によって簡単に壊れ、いつかは滅びてしまう、もろくて儚いモノです。

そのような弱い存在としての私たちは、他の人々を「いつか自分を傷つけるかもしれない敵」と考えずにはいられません。その結果、分厚い壁を自分の周囲に築き、自他の線引きをはっきりさせながら、防御を怠らずに暮らすことになるのです。

ここまでを読んで、あなたの中には次のような疑問が沸き上がっているはずです。

「どちらにしても、身体があることには変わりないじゃないか。だとすれば、自分の本体を意識とみなしたからといって、自他の区別がなくなるとは思えない!」

たしかにそうかもしれません。

けれども、両者には決定的な違いがあります。それが冒頭に挙げた、

「どんな目的で自分の身体を使っているか?」

なのです。

すでに書いたように、「意識」を自分の本体とみなしているとき、私たちが「身体」を使う唯一の目的は、

「コミュニケーション」

です。

それも、私たちが日常で行っているような、相手をやり込めたり、自分の主張を押し通したりする会話ではありません。「意識に浮かんだものを具現化して、他の人にも伝えて共有したい!」という思いを実現させるための、極めて純粋な意味でのコミュニケーションです。

では、傷つきやすい「身体」を自分の本体とみなし、四六時中「恐れや不安」を抱きながら暮らす私たちは、どのような目的で「身体」を使っているのでしょうか。

おそらくその多くは、

「自分自身や他者を攻撃すること」

であるはずです。

他人に対しては、怒りをぶつける、不機嫌さを見せる、叱咤する、無視する、傍観する、距離を置く、奪う、欺く、失望する、見下す、軽視するなどの攻撃に「身体」を使います。

自分自身に対しては、罪悪感を抱く、妄想してエネルギーを消耗する、無価値に思う、自信を失う、自暴自棄になるなどの攻撃に、同じように「身体」を使います。

もちろん、ここでの攻撃は「もろくて儚い存在」である自分を防御するための手段です。

「自分自身に対する攻撃がどうして防御なの?」と思うかもしれません。いま挙げた「自分への攻撃」には、例外なく「行動する気力を奪う」という効果がある点に注目してください。

これによって私たちは、

「恐く思える現実に向き合わずにすむ」

ようになります。

それが何の解決にもならないことはわかっていても、「恐れや不安」を抱く私たちにとって「何もできない状態」は、それなりに魅力のある防御になり得るということです。

では、この話を整理してみましょう。まず、「意識」と「身体」のどちらを自分の本体とみなすかで、次の違いが生まれます。

「自分の本体は意識である!」=「ひとつ意識」
「自分の本体は身体である!」=「バラバラ意識」

それぞれに「身体」を使う目的はまったく異なります。

「ひとつ意識」=「身体を使う目的はコミュニケーション」
「バラバラ意識」=「身体を使う目的は攻撃」

そしてこの違いこそが、今日のテーマ「ひとつ意識とバラバラ意識のどちらにいるかを見分ける方法」の答えなのです。

自分の「意識」の中で思い描いた何かを具現化して、それを誰かに伝えるためだけに「身体」を使っているとき、あなたは「ひとつ意識」にいます。

反対に、どのような理由があろうと、自分自身や他の人々を攻撃するために「身体」を使っているとしたら、あなたは間違いなく「バラバラ意識」にいます。

拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』では、「いまここ」や「グッドバイブス」「赦す」などを「ひとつ意識」の入り口としました。それらと比べても、「どんな目的で自分の身体を使っているか?」はもっともわかりやすい基準だと思います。

ぜひ、しばらくのあいだ、実生活の中で「コミュニケーションか攻撃か?」を意識してみてください。うまくいけば、あなたの大切な「身体」は、いまよりもはるかに元気になるはずです。

Photo by Satoshi Otsuka.


「グッドバイブス志向」の人たちが集まるオンラインサロン「Good Vibes Factory」を開設しました!

◎ ご機嫌な人生、ご機嫌な仕事を得るための知恵や情報をシェアする機会。
◎ 「いい感じ」「グッドバイブス」を実践するためのトレーニングジム。
◎ 日々沸き起こる悩みや疑問を相談しながら、妄想や思い込みに気づける装置。

そんな場を創りたいとの思いから、佐々木正悟さんと始めた試みです。

倉園と佐々木さんとの対談「Good Vibes TV」(週間)や、ZOOMを使ったオンラインでのグループセッション(月イチ)などのコンテンツのほか、「グッドバイブスセミナー」「グッドバイブス ご機嫌な生き方塾」に1,000円オフで参加できる特典もあります。

詳しくは「Good Vibes Factory」のウェブサイトをご覧ください!

Leave a Reply

CAPTCHA