Good Vibes Workstyle

絶対に不変な自分の価値を自信の源泉にする

友人や知人、恋人、家族など、あなたが心から好きだと思う人をひとり思い浮かべてください。

その人がある出来事をきっかけに、生きる希望を失いかけ、無気力で自堕落な生活を送るようになったとします。好きな人のそんな様子を見たあなたは、彼や彼女に何を言ってあげたいと思うでしょうか。

表現や言葉の選び方は人によって違うでしょう。でも、伝えたい内容は次のようなものだと思います。

「もっと自分を大切にしてほしい」

ここでもう少し深く考えてみてください。なぜあなたは、その人に「自分を大切にしてほしい」のでしょうか。なぜ、無気力で自堕落なままではダメだと思うのでしょうか。

こちらもさまざまな理由が挙げられるでしょう。けれども、すべてはこのことに集約されるはずです。

「その人にはしあわせになってほしい、しあわせでいてほしいから」

しつこいようですが、もう一歩だけ深掘りさせてください。なぜ、その人にはしあわせになってほしいのでしょうか。ここまでくると、答えのバリエーションもそれほど多くないと思います。私なら間違いなくこれを挙げます。

「彼や彼女にはその価値、しあわせでいる価値があるから!」

「いったい、何の話なの?」と思うかもしれません。でも実は、この一連の問答をとおして、私たちは自分にとってもっとも大切なものを発見できるのです。

それは、

「生きる希望を失いかけ、無気力で自堕落な生活を送るようになったとしても、けっして消え去ったり、損なわれたりしない私たちの価値」

です。

もし、あなたが傷ついた相手を見て、「自分を大切にしてほしい。なぜならば、あなたにはいつでもしあわせでいる価値があるのだから」と言いたくなったとしたら、それとまったく同じ「価値」が自分にもあると認められるはずです。

私たちはここを「自信」の源泉とすべきなのです。

自信とは、知識やスキル、経験、実績など、あとづけで得た何かを信じることではなく、自分の存在自体、生まれながらに手にしている自分の「価値」を信じることだと私は考えます。

なぜならば、好きな人の苦しむ様子を見て、あなたがそう伝えたいと思ったように、私たちの「価値」はどんなときでも絶対で、何があっても不変だからです。

Photo by Satoshi Otsuka.

Leave a Reply

CAPTCHA