新刊『不安ゼロで生きる技術』全国書店やオンラインストアで絶賛発売中!

欠点や短所と思っていることを大切にしよう

楽しく、しあわせに、そしてやりがいを感じながら働くためには、74億分の1にあたる自分の役割を見つけることが大切です。そして、その幸福な役割は「自分の個性」としっかり向き合うことで明らかになってきます。

そのためにはまず、あなたが「これは自分のダメな部分だ」「ここを直したい」と思っている、いわゆる「欠点」や「短所」に目を向けてください。

この世に完璧な人間などいません。私たちはみな、長所、短所と呼ばれる凸と凹を両方もち合わせています。その凸と凹のハーモニーこそが「個性」なのです。

多くの場合、凹の部分には社会の常識にそぐわないという理由で「短所」というラベルが貼られ、自分も周囲の人も「それは直したほうがいい」とみなしています。

けれども、個性にとっては凸も凹もその価値はまったく同じです。片方がへこんでいるからこそ、もう片方が飛び出ているのです。

無理やり「欠点」や「短所」と呼ばれる凹の部分を平らにしようとすると、その反対側の凸、すなわち「長所」や「強み」も薄まっていくことがあります。

世の中の常識にあまりとらわれることなく、あなたの凸と凹、その両方を愛しく思って大切にしてください。そこからあなたの「個性」の輪郭がはっきりとし始めるのです。

Photo by Satoshi Otsuka.