Good Vibes Workstyle

深い霧を払いのけて「本来のその人」を見る

バックナンバー「相手の怒りを放置すれば真の平安は訪れない」で書いたように、グッドバイブスの真のゴールは「自分だけの心を整える」ことではありません。

たしかに、「意味づけ」や「未来の予測」など、数々の妄想を手放すことで、あなたの中の苦悩を取り除くことはできます。けれどもそれは、最終地点に到達するための「入り口」にすぎません。

そうして得た「平安な心」をもって向かう先は、拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』や、このブログで繰り返し書いてきた、

「私たちすべてが、絶対不変の価値をもって生まれてきた」

という事実を、1ミリの疑いなく確信するというゴールです。

私はことあるごとに、このことを無条件に信じてほしいと提案してきました。それも、さまざまなメソッドを実践し始めるスタートのところでです。

それはまるで、これからエベレストの頂上に登ろうという人に、「自分がすでに登頂に成功したと思ってほしい」と訴えているようなものです。どう考えても、支離滅裂な話にしか聞こえないはずです。

それは私も十分にわかっているのですが、どんなときでも揺らぐことのない「平安な心」を保つためには、私たちが日々、創り出すイリュージョンを、自らの意志で消し去っていく「強さ」が必要です。

そしてその強さは、完全に腑に落ちないまでも、「自分には他の人と等しい絶対不変の価値がある」ことを前提にしなければ、発揮することはできないのです。

この意味で、スタートの段階で無条件に「絶対不変の価値をもって生まれてきた」と信じておくことは、グッドバイブスの仮免のようなものだと思ってください。

もちろん、この時点では、自分自身がそのような存在であると確信できる人はまずいません。「無条件で信じろと言うなら、そういうことにしておこうかな」程度の納得感であるはずです。

では、どうすれば私たちはこのことを確信して、仮免許を本免許にグレードアップできるのでしょうか。

残念ながらここからは、あなたひとりの努力ではどうにもなりません。「ああ、自分は本当に価値ある存在だったんだ!」と完璧に受け入れるためには、

「他の人の中に、自分と同じ絶対不変の価値が宿っていることを目撃する!」

しかないのです。

他の人の中に、たしかにそれがあることを事実として見て初めて、自分の価値も認められるようになるということです。

この意味で、グッドバイブスのゴールにたどり着くためには、

「ひとり以上の、あなた以外の人のサポート」

が必要になります。たとえばそれは、日々、あなたを悩ませている人です。

バックナンバー「人生からいっさいの攻撃を手放すという選択」で私は、何があっても「攻撃」という手段を封印することを提案しました。

それはすなわち、相手がどれだけ望ましくない言動をしたとしても、けっして報復はしないと決意することでもあります。

また、「グッドバイブスとひとつ意識の関係」では、相手の「おかしな言動」を、「恐れや不安によって生み出されたおかしな表現」と捉え、けっしてその人の人格までを否定すべてきではないと書きました。

そのうえで、たとえばあなたに怒りをぶつけてくる人に対して、

「怒りの原因である、相手の恐れや不安が何かを探る」

努力をし、それを和らげたり、解消したりする手伝いをするという、一般的にはとても耐えがたいと思うような試みを勧めてもいます。

なぜ、そもそも自分を不快にさせる人を、そこまで手厚く扱わなければならないのかと、大きな疑問や理不尽さを感じて当然だと思います。

このことに多大な時間と労力を費やす目的は、たったひとつしかありません。

「さまざまなノイズを取り払って、本来のその人を見る」

ためです。

私たちは、自分が嫌いだと思う人、苦手だと思う人、そして何よりも、いま目の前で自分を攻撃しようとしている人の中に、「自分と同じ絶対不変の価値がある」などとは、絶対に認めたくありません。

そこで、万が一にもそのようなやっかいなものを見てしまわないようにと、頭の中で「コイツはろくでもない人間だ!」というフィルターを創り出します。

たとえるなら、それをかけると、あらゆる人が世にも恐ろしいモンスターに見えるサングラスのようなものです。

もちろん、そうして目に映る相手の姿は「イリュージョン」です。この幻影を相手に渡り合いながら、私たちの多くは、早々に他人を信じることをやめ、

「できれば、人とは関わり合いたくない」

という、「分離」の選択を行うようになるのです。

このとき、私たちは、自分自身もその「人」であることをすっかり忘れています。実は「他人は信じられない」という判断は、必然的に、

「つまりは、同じ人である自分も、結局は信じるに値しないのかもしれない」

という自分への不信に帰結してしまうのです。

ほかでもない、この出口のない負のループから抜け出すために、先に挙げたような「一般的にはとても耐えがたいと思うような試み」を行うと考えてください。

まず、あなたの前には、

「数メートル先も見えないような深いイリュージョンの霧」

が立ちこめています。

いっさいの攻撃を手放し、相手の「恐れや不安」を探す努力は、この霧を払いのけながら前に進むようなものです。しばらく行くと、道の途中に、相手におかしな行動をさせている「原因」らしきものが落ちています。

「これかなぁ?」と拾い上げて、それを和らげたり薄めたりしながらさらに少し歩きます。すると突然、相手の影のようなものが現れます。近づいて様子を見てみると、相変わらず怒りに顔を歪めた彼が立っていました。

「ああ、まだこれは、この人の本来の姿ではないな」

あなたは瞬時にそう察して、落胆することも、失望することもなく、もう一度、霧をかき分けながら先へ先へと歩を進めます。

2つめの影も3つめの影も、4つめも5つめも、同じようにおかしな行動をする彼でした。それでもあきらめることなく、道に散在する「恐れや不安」を拾い集めては捨て、拾っては捨てを繰り返しながら、さらにさらに奥深くへと入っていきます。

さすがに、「もうダメかもしれない」と思ったそのとき、永遠に続くかと思えた暗い霧がパッと晴れて、それまで見ていたぼんやりとした世界とはまるで違う、リアルでくっきりとした光景が目の前に広がります。

そこに立っていたのは、

「あなたがずっと見たいと望んでいた、穏やかで平安な本来の彼」

でした。

いっさいの「恐れや不安」をもたないその人を見たあなたは、驚きと感動の中で、最初にこう確信します。

「私はようやく、この人の中にある絶対不変の価値を目撃した!」

それは同時に、

「だとすれば、私の中にも、彼とまったく同じ価値があると信じていいんだ!」

という地点、すなわちグッドバイブスの究極のゴールにたどり着いたことを意味するのです。

さて、今日の話は長い長い前置きです(笑)。

でも、このメカニズムのようなものを共有しておかなければ、以前に予告した「本気モード」によって得られる恩恵のひとつ、

④ 「与えるすごさを実感できる」

の、どこがすごいのか、まるでピンとこないでしょう。

なぜ、自分以外の誰かのために本気になるのか。なぜ、膨大な時間と労力を、自分ではなく他の人のために使うのか。明日はその答えを書こうと思います。


「いつも本気モード」でも「疲れない人」になれる!
まったく新しい働き方
「第1回 グッドバイブス in 大阪」

【日時】12月20日金曜日 19時00分〜21時40分(開場19時)
【場所】ラヴィコーポレーション研修ルーム
 大阪市中央区博労町4-5-6 野上ビル2階
【料金】10,000円(税抜)※ グッドバイブスファクトリー会員は1,000円オフ
【お申し込み】https://nokiba.doorkeeper.jp/events/100778

「いつも本気モード?! とんでもない!!」
「本気で仕事だの家事だのをやっていたら、すぐに息切れしてしまうし、時間がいくらあっても足りはしない!」
「どうやって時短するか、省力化するか。それを実現するのが仕事術だろう?」

そう思っているでしょうか。私も完全にそう思っていました。

倉園さんとともに、「グッドバイブス in 大阪」を主催する佐々木正悟です。

そんな私にとって、とても不思議な出来事が起こります。2018年夏のことです。

あるウェブマガジンに寄稿された倉園さんの記事を読んだことがきっかけで、私が決して信じてはいけない考え方であったはずの「物事に本気で取り組む」という発想を受け入れてしまったのです。

なぜならば、それを実践することで、

・これまでこれ以上はとても早くできないと信じていた作業も、軽々と速度において更新できてしまう。
・しかも質は決して落ちていない。
・疲労感もまったく増さない。

という変化が起こったからです。

たとえば、ここ1年で私の体からは、慢性的に痛かった右腰の痛みが消え、左肩の痛みはすっかりなくなりました。仕事量は増えているにもかかわらずです。

どうしてこれが可能になるのか、怪しくない言い方で伝えるのがなかなかうまくできずとてももどかしい。

『グッドモーニングバイブス』というグッドバイブスをもじった音声配信を平日日刊でやっています。

これはほぼ20分の内容をしゃべってネット配信しているだけのものですが、私はこれに、しゃべっているきっかり20分しかかけていません。

事前準備はゼロ秒。メモもなければアウトラインなど一切なく、朝、いきなり話し始めて、話し始めてから内容を考え、そのまま最後まで話しきります。編集もカットもしたことがありません。

それでも私はこのコンテンツには自信をもっています。少なくともいままで書いたどの原稿と比べても遜色はないはずです。

これが本気を出すということです。

先のことを不安に思ったり、言いよどみを恐れて余計な準備をしたりするのを「考えつきもしない状態」で進めていくこと以上に、いいやり方は一切ないと確信しています。

この、まさしく私自身がリアルに体験したことのすべてを、倉園さんと一緒に、「グッドバイブス in 大阪」でお伝えしたいと思います。

この文章を読んで、「まさか? そんなことありえない!」と思った人こそ、ぜひご参加ください!

佐々木正悟『グッドモーニングバイブス』: https://anchor.fm/shogo-sasaki/

Leave a Reply

CAPTCHA