Good Vibes Workstyle

企業・学校向けプログラム

◎ 『グッドバイブス ご機嫌な仕事』を企業や学校に導入

企業や学校などの教育機関向けに、拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』のしあわせな仕事観をお伝えするプログラムです。

本プログラムは、自分の外側の環境を変えるのではなく、自分自身のものの見方や考え方を修正することで、いま目の前にある仕事を「ご機嫌」なものに変えることをゴールとしています。

ポジティブシンキングやアンガーマネージメントなどとも一線を画する独自のメソッドです。

プログラムの内容をご理解いただくためにも、ご依頼の前に、ぜひ拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』と、本ブログのいくつかの記事をご一読ください。

費用や実施期間などは、ご予算や組織の現状に応じてカスタマイズさせていただきます。

お打ち合わせをご希望の場合は、本ウェブサイトの「お問い合わせ」より、「企業・学校向けプログラム問い合わせ」とご記入のうえ、ご依頼内容などをお送りください。

ここではプログラムの一部を簡単に紹介いたします。

◎ グッドバイブスが職場を変え、仕事に感動を宿す

グッドバイブスとは「いい感じの思いを宿した波」です。そして拙著では、「いい仕事」を「自分の最高のグッドバイブスを宿した仕事」と定義しています。

ひとりの「いい感じ」は職場全体に伝播し、「少しでもいいものを届けたい!」という思いが製品やサービスに宿り始めます。

そのグッドバイブスは大きな感動や共感となって顧客に届きます。

◎ 「いい感じ」とは「恐れや不安」のない平安な心

「いい感じ」とは、ポジティブさや高いモチベーションとは違います。そのような高揚感は揺れ動く気分の高いところを切り取って見たときの状態であって、残念ながら長続きしません。

目指すところは外的な要因に左右されず、強固で安定した「恐れや不安」のない平安な心です。

◎ 不機嫌さや怒りは「意味づけ」から生まれる

私たちはいつでも、外的な要因によって不機嫌になったり、やる気を失ったりしていると思い込み、「被害者」のような感覚でこの世界を眺めています。

けれども、現実にはあらゆる出来事や他人の言動には最初から決まった意味などありません。

それを決めているのは自分自身の「意味づけ」だと気づくことができれば、私たちは仕事や自分の生きる世界に対して、新たな可能性を見い出せるようになります。

◎ 「意味づけ」を手放し、ありのままを見る習慣をつける

本プログラムのもっとも重要なメソッドのひとつに「意味づけを手放す方法」があります。

つねに自分の感情を見張り、もし望ましくない思いを抱いたなら、自分が行った「意味づけ」が間違っている可能性を認め、興味をもって出来事や他人の言動の「本当の意味」を探ります。

これによって、人間関係やコミュニケーションが改善され、思い悩むことや怒りを覚えることで失っていたエネルギーを、自分の仕事に注ぎ込むことができるようになります。

◎ 組織や学校のさまざまなニーズにお応えします!

会社や部署、チーム、店舗などに想定される次のような要望にお応えします。

・職場の雰囲気をもっと楽しく、活気あるものに変えたい
・スタッフ全員が自ら考え、アイデアを出し、前向きに動くような組織にしたい
・顧客の立場にたった、真の感動を生む商品開発ができる組織にしたい
・離職率を下げ、やりがいのある職場に変えたい
・過去のデータに囚われずに、思い切った発想で現状の停滞感を突破したい

高校や大学、専門学校なら、就職を間近に控えた生徒さんたちの次のような悩みを解決します。

・どうすれば自分の個性や強みを生かせる仕事を見つけられるか?
・自分の進路をどうやって決めれば後悔せずにすむか?
・何があっても揺らぐことのない絶対の自信を得るためにはどうすればいいか?
・まわりの人たちと比較すると、自分が無力で非力に思えてしまう。
・仕事とは何か? 何のために働くか? 何を目指して働くか? を知りたい。

以上、さらに詳しい内容につきましては、お打ち合わせの中で説明させていただきます。ぜひ、気軽に「お問い合わせ」よりご連絡ください。

スライド制作:やままあき
※営業資料やプレゼン資料等の制作をご希望の方はこちらにご連絡ください
メール:yamama48@outlook.jp
資料サンプル一覧