Good Vibes Workstyle

グッドバイブス・パーソナルセッション

◎ どんなセッションなの?

拙著「グッドバイブス ご機嫌な仕事」のゴールは、私たちが人生の大半を費やすことになる仕事を、よりしあわせに、より楽しいものにすることです。

本書では、その実現のためにさまざまな知識やノウハウを紹介しています。

なかでも、次の2つのメソッドは「しあわせに働く」ために不可欠な技術です。

①「意味づけを手放す方法」
②「いまここにある方法」

これらを身につけることで、あなたの中に「いい感じ」(グッドバイブス)が生まれ、楽しく質の高い仕事(ご機嫌な仕事)を実行できるようになります。

ただし、メソッドの意味や内容を頭で理解するだけでは十分ではありません。「自然とそうしてしまう」と感じるレベルまで習慣にすることが大切です。

それは、空手の型や、楽器のスケール練習と同じように、何百回、何千回と繰り返すうちに意識せずとも身体が動くようになるトレーニングのようなものです。

「ご機嫌な仕事」を行うための技術をマンツーマンで伝授する「トレーニングジム」。それがグッドバイブス・パーソナルセッションです!

◎ セッションでは何をやるの?

先に挙げた2つのメソッドのうち、「意味づけを手放す方法」について簡単に解説します。

私たちはふだん、次のような仕組みで自分が何らかの感情を抱くと信じています。

あなたの前に現れる出来事や他人の言動に反応して、自然とあなたの中に感情が沸き上がるという仕組みです。

もし、その出来事があなたにとって好ましくないものであれば、「イヤだな」「悲しいな」「ひどいな」「腹が立つな」などの感情を抱くことになります。

ここで注目すべきは、多くの人が「すべての出来事には最初から何らかの意味がある」と信じている点です。

もしそれが真実だとしたら、残念ながら、私たちには負の感情から逃れる術はありません。

なぜならば、起こってしまった出来事を変えることも、他人の言動を自由自在にコントロールすることもできないからです。

感情の原因を自分の外に置いた瞬間にお手上げになってしまうということです。

ところが現実には、あらゆる出来事には最初から決まっている絶対の意味などありません。

それを決めているのはほかでもない「あなた自身」なのです。

あなたの感情が動く本当の仕組みは次の図のようになります。

最初に本来は「何の意味もない」出来事や他人の言動があります。

それらに遭遇したあなたは、過去の経験に基づいて自分なりの「意味」をつけます。「ああ、これは面倒な出来事が起こった」「ああ、なんてひどい発言なんだろう」などなど……。

次に、あなたは「出来事に自分でつけた意味どおりの感情をもつ!」と意志決定します。

信じられないかもしれませんが、これがあなたが抱く感情の正体なのです。

感情をコントロールすることは不可能です。けれども、あなたの「意味づけ」を変えれば、それによって抱く感情も変わります。

そして、これがいつでもグッドバイブスな状態でいるための唯一の方法なのです!

本書には、この「意味づけ」を手放し、グッドバイブスを手に入れるための次のようなステップが登場します。

①「出来事や他人の言動に意味をつけない!」と宣言する
② 感情が動いたら、「いま自分はどんな意味づけをしたか」を見極める
③「とにかく、私はこのイヤな気持ちをもちたくない」と確認する
④「いま行った自分の意味づけは間違っている!」と受け入れる
⑤ この出来事、この人の言動に自分の予想を超えた意味があると信じる

 

あなたが何十年ものあいだ出来事や他人の言動に対応してきたやり方とはまったく違います。当然ですが、強い抵抗感をもつこともあるでしょう。

けれども、そこでグッとこらえてこのステップを実践し続けていれば、負の感情のない、まるで心の中の深い霧がすべて取り払われたような、晴れやかな気分を持続させることができるようになります。

この状態こそが「ご機嫌な仕事」を支えるゆるぎない土台です。

さらに、もうひとつのメソッド「いまここにある方法」は、過去のトラウマや未来の不安から解放され、目の前の仕事にすべてのエネルギーを注ぐための技術です。

こちらも「意味づけ」と同じように、あるステップをあなたの人生の習慣にすることで確実に身についてきます。

すでに書いたように、その道のりはジムやフィットネスクラブで行うトレーニングに似ています。これを私、倉園とマンツーマンで実践するのが「グッドバイブス・パーソナルセッション」です。

◎ セッションで何が得られるの?

最終的なゴールはあなたの仕事をよりしあわせに、より楽しいものにすることです。そのためのメソッドを実践することで、次のようなことも起こり始めます。

・ 職場にいる「苦手な人」が気にならなくなる
・「悩んで停滞するだけの時間」がなくなる
・ どんなに不運に思える出来事にも余裕をもって対処できるようになる
・ 他人と比較して焦ったり、自信を失ったりしなくなる
・「自分にはムリ!」と思い込んでいたことができるようになる
・ 朝起きたときに重い気分を抱かなくなる
・ あらゆるストレスから解放される

◎ 料金やコースは?

「グッドバイブス・パーソナルセッション」には2つのコースがあります。

① ワンセッション単発コース

60分から90分のセッションを1回行います。セッションの内容を体験してから続けるかどうか決めたい、定期的なスケジュールを組むのが難しいという方のための単発コースです。

料金:15,000円(税別 1セッション)

※ 初回のワンセッションコース受講後に、「4セッションまとめてコース」に変更することも可能です。その場合、初回分から「4セッションまとめてコース」の料金となります。

② 4セッションまとめてコース

60分から90分のセッションを4回繰り返し行うコースです。最初に、約2か月以内に4回を終了させるスケジュールを組み、定期的にセッションを行います。

例)
毎週水曜日の午後6時から→4週間で終了
隔週金曜日の午後1時から→8週間で終了
1日、11日、21日など、10日ごとに実施→40日で終了

 

料金:50,000円(税別 全4セッション)

※ 曜日や開始時間はセッションごとに調整可能ですが、なるべく定期的なスケジュールを設定することをおすすめします。

◎ 【NEW】ご要望にお応えしてオンラインコースを開始!

これまで、対面式で行うパーソナルセッションは、私の住む東京近郊に限られていました。けれども、遠方の方から「なんとかセッションを受けられないか」とのお問い合わせを数多くいただいています。

そこで、クラウド会議システム「ZOOM」を使った「オンラインコース」を開始いたします。カメラ付きのパソコンかスマホがあれば、日本全国、海外からでも受講できます。

ZOOMの利用方法についても、セッション開始日までに詳しくお伝えいたします。

料金やコース(ワンセッション単発と4セッションまとめて)は対面式とまったく同様です。お申し込みの際、「Message」の欄に「オンラインコース希望」とご記入ください。

※ オンラインコースは遠方の方向けに用意いたしました。東京近郊の方は従来の対面式をお申し込みください。

◎ セッションの場所は?

ご自宅や職場近くのカフェなどを利用します。ご希望の場所があればお知らせください。とくになければ、こちらで最適な場所を探します。

※ 同じ日に複数の受講者の予約がある場合、それぞれに都合のいい場所をセッティングさせていただくことがあります。やや遠くなる可能性もありますが、ご協力をお願いします。

◎ 申し込み方法は?

このウェブサイトの「Contact Me」からお申し込みください。

お名前と確実に連絡の取れるメールアドレスをご記入のうえ、「Message」の欄の最初に、「パーソナルセッション申し込み」と書き込み、ご希望のコースもご明記ください。

ご記入いただいたアドレス宛に、倉園よりメールをお送りし、実施の場所やスケジュールを相談させていだきます。

セッションについての質問なども気軽にお送りください。

みなさまのご参加を心よりお待ちしています!

◎ 受講いただいた方々のご感想

パーソナルセッション後の体験談です。お忙しい中、熱い文章を送っていただき、ありがとうございます!

目から鱗が落ちるという表現がありますが、倉園さんのパーソナルセッションはそんな次元ではありません。

足から鎖が外れ、重くて仕方がなかった頭と肩からは鉛が落ちました。いったい何を背負っていたのだろうと思いました。いまは自由な感覚を満喫しながら、自分の人生を歩き始めています。

セッションをお願いする前、自分の抱えている問題を自覚していませんでした。でも何か成長できれば苦しさから逃れられると期待しました。仕事の不安も多分に漏れない程度ですが、どうしても不全感が拭えなかったのです。

4回の継続セッションでは、私向けの内容が目の前で組み立てられていきます。とても不思議で感激しました。

次のセッションまで現状に少しだけチャレンジしながら、毎週新たな学びがあります。自分を思い出して、薄れていた大事な感覚を取り戻していくようでした。

嬉しかったのは、自分にもグッドバイブスが備わっていると実感できて「私の役割」が腑に落ちたことです。

これからは等身大の「ご機嫌」を携えていこうと思いました。

するとタイミングよく、私の姿勢は本物か?とチャレンジが訪れます。荷物を降ろしたいま、グッドバイブスと響きあう生き方を選ぶだけです。

倉園さんからもらったものを誰かに手渡せるように、自分に与えられた役割を果たしていきます。
40代男性 福祉実践家

 

必要な時に、必要な人に出会い、必要なことが起きる。倉園さんとの再会とセッションはまさに、それでした。仕事でも、プライベートでも煮詰まっていた私に光を与えてくれたのは、間違いなくこのセッションです。

「私たちには、不変の価値がある」
「勝手な意味づけをしない」
「防御を解く」

などなど、4回のセッションの中で様々なモノを手放していきました。

その中で私がたどり着いた結論は「いまに、生きる」ということでした。過去に後悔し、未来の不安と共に過ごす人生はつまらない。

メディアアーティストの落合陽一さんは、こんなことをおっしゃっていました。

「昔取った杵柄はどうでもいいし,過去に何作ったとか,どんな賞をもらったとか,どんな本や論文を書いたとか誰に影響を与えたとかはどうでもいいから,今この人はなにができるの? という感じで人間に向き合うと,その人の所作に集中できる」

私たちは、人や物事を判断する時、過去の起きたことで、勝手な意味づけを行いがちです。そうではなく、いま対峙してる人や物事に全力を注ぐこと。その積み重ねが、未来を創っていく。

「過去の後悔や、罪悪感は手放そう。それは、人のエネルギーを奪うから」

倉園さんのこの言葉は、一生の宝物です。

そして、未来に起こるかもしれない不安ごときで自分を縛ることも同じ事。倉園さんとセッションで学んだことは、刹那的な効果をもたらすモノでなく、一生自分に気づきを与え続けてくれるモノ。

そして、このセッションの究極は「比較すること」を手放すこと。

私自身、まだ未熟者でそこまでいたりませんが、みんなが「比較」を手放せたとき、「バラバラな意識」は、「ひとつの意識」へ。そこには、愛情たっぷりの世界が待っている気がしてなりません。
30代男性 自営業

 

無能な上司にイライラする日々を過ごしておりました。

その無能ぶりを上層部に告げ口して貶めてやろうと、上司の失敗や怠慢な態度を証拠として記録しては、気を紛らわせておりました。

しかしこのどす黒い気持ちをどうにか手放したいと考えるようになり、セッションを受けてみました。

これまでのいきさつなども丁寧に聞いていただけたことで、イライラに至る流れや感情を整理することもできました。集めていた証拠はセッション中に順番に消去していき、お焚き上げ完了です。

翌日上司の顔を見てもどんな感情も芽生えず、以降穏やかな毎日を過ごしております。

気持ちが楽〜に穏やか〜になったおかげか、最近彼氏もできました!

倉園さんの教えを心の支えとして、「いま」を楽しむことを大事にしたいと思います。ありがとうございました!
30代女性 OL

 

「命の恩人」といいますが倉園さんのセッションは「人生の恩人」でもありました。

こころの琴線に触れる出会いであったと思います。自分は美術家として20代でデビューはしておりましたが、結婚・出産・子育ての中でどこかで諦めていて、でもモヤモヤしていて生活の中で表現しているのが精いっぱい。本当は発表したいのに「家族からの反対」も目に見えていたのでさらに諦めきれいモヤモヤ。

でもセッションを受けて気がついたんです。「誰にでも幸せになれる、なる権利」を持っていると。自分のシフトを変えるだけと。ドリームキラーはいつもどこにでも存在することも。自分でしか打破できないことをも教えていただきました。

セッションの中で一気にわかる訳ではないのですが、倉園さんという媒体を通して、セッション後にじわじわと来ました。セッションで出てきたワードを張り出し、禅のように自問自答を繰り返していきました。直接頂いたワードから世界が広がっていき、自分の意識へと。

「幸せになる権利」を持っているならば、自分で幸せになりたいと思いました。選択しようと思いました。そして忘れていた夢・理想を思い起こさせてくれました。自分は「美術家」であると。昔も今も、そしてこれからも。自分が触れるものすべては美意識や哲学、生活はアートであると。

不思議なことに自分が決心をして覚悟をして意識を持って向き合っていくと、いつもの日常・世界が開けてきたのです。30年ぶりの知人の個展に出向くと、そこで自分の「個展」のお話しをいただき、出会う方々が一気に美術界へ入っていきました。それは自分にとってはとても居心地が良く、かつてないくらいに大きく深呼吸できる領域となっておりました。

初めて自分の歩いてきた轍のようなものが見えました。そしていろいろなことが繋がってき始めました。

おそらく倉園さんもここまで影響を与えていたとは思っていないと思います笑。倉園さんありがとうございます。ますますのグッドバイブスを!!
50代女性 美術家

 

私が倉園さんのセッションを受けようと思ったのは、管理職になったばかりで「年上の男性部下と衝突してしまう」という問題を抱えていた時でした。相談相手を何人か思い浮かべましたが、倉園さんに相談することにしたのは、倉園さんの「コンサルタント・執筆家という側面と、音楽家・アーティストという側面をあわせ持つ」ということに惹かれたからです。

音楽はウソをつかない。ゼロから音楽を生み出す。聴き手と共鳴しながら臨場感のあるライブパフォーマンスをつくり上げる。音楽にもビジネスにも造詣が深い倉園さんは、きっと私が抱える悩みの本質を見抜いて、今までにない助言をしてくれのではと期待したのです。

当日は、代官山のカフェでセッション。晩秋の心地よい空気の中、リラックスして楽しく話せました。倉園さんの助言は、本当に今までにない、ちょっと意外な内容!仕事上の悩みですが、もっともっと大きな世界の中でのつながり意識をもつ話でした。

きっかけは目の前にある小さな世界の悩みでしたが、結果として倉園さんは私にもっと世界を大きく見るための新しい視点を授けてくれ、全ての物事を楽しく前向きにとらえる姿勢につながりました。「あの時、倉園さんのセッションを受けて本当に良かった」と心から思っています。
40代女性 広告制作会社勤務

 

グッド・バイブス……。実は、音も色彩も、電気もX線も、全て、波長の鳴動によって生み出されています。そして、私達人類は、その動きを「制御」する事で今日の文明を築いてきました。倉園さんは、音楽という媒体を通じて「音を振動させる事で」、人々に感動を与えています。

そして、人体もまた共鳴する構造を持っています。ヒトの身体を逆さまにして、背骨と頭蓋骨だけを注視してみると、背骨と肋骨の形が、「木琴」のように徐々に大きさを変えながら、頭蓋骨に投錨しています。頭蓋骨は、さながら、バイオリンやギターの共鳴箱のようにも見えます。

倉園さんと接していると、その包み込むような「人間力の大きさ」に安らぎを覚え、モヤモヤとした気持ちの「不協和音」が調律されていく事を実感します。さらに、その優しい「声質」が、耳の鼓膜を心地よく振動させる事で、教えて頂いた導きが、岩清水の様に脳の中に、スーッと染み込んできます。

是非、悩み事を抱えていて、方向性が見えない時には、倉園さんに相談してみる事をお勧めします。 これからも、ハートの振動を操る伝道師として、ご活躍をされる事を願っています。
50代男性 医師・執筆家

 

ZONOさんのパーソナルレッスン、丸の内の某所で。

「最初にメモはとらなくていいよ!」とひと言。昨今、めっきり自分の記憶力の衰えに不安を感じているが、「頭で覚えようとすることに意味はないから」と。

いま必要なことは心に残り、必要ないことは流れる、そんなイメージです。

「世間の辛い事件、事故も自分の意味づけによって見え方が変わる」「世の中を愛でみてごらん、選択してごらん」は、いまだに心に残っています。

素敵な時間でした。また、時をおいて、ZONOさんとお食事をしながら、セッションを行ってもらいたいです。
50代男性 会社社長