Good Vibes Workstyle

評価や比較から解放されて本当の自由を得る

これまで、3話にわたって「理想の自分」「有意義な時間」「自己実現」のすべてが、イリュージョンであることを疑ってきました。

基本的にはどれも、しあわせの条件を自分の外側に置き、「自他が競合する」ことを前提とした発想です。同時に、「人生は短い」という「恐れや不安」に基づく未来志向によって、「いまここ」にいることを難しくする考え方でもあります。

『グッドバイブス ご機嫌な仕事』では、これらを「バラバラ意識」と呼びました。

多くの場合、イリュージョンの反対側には現実があります。だとすれば、「バラバラ意識」の対極にある「ひとつ意識」の世界から眺めてみれば、「自分とはどういう存在か?」を知るための、別の方法が見つかるということになります。

そこで今日は、4話連続の完結編として、前話の最後に書いた、

「自他の利害が完全に一致した状態で、他の人たちとのつながりの中で、自分とはどういう存在かを教えてもらう旅」

を実践形式でたどってみようと思います。

Continue reading

自力で自己を実現するというイリュージョン

前々話と前話で、「理想の自分」と「有意義な時間」について書きました。実は、この2つのイリュージョンは同じ根っこから生まれています。それは、

「自己実現」

という発想です。

そこにはまず、「自分は何者かにならなくてはいけない!」というゴールのようなものがあります。と同時に、「それを自力で達成しなければならない!」というルールのようなものもつけ加えられています。

つまり「自己実現」とは、

「自他ともに価値ある存在と認められるよう、自力で自分を高めていけ!」

という、自分の人生に課したしあわせの条件といっていもいいでしょう。

もちろん、それを満たすべく努力を重ねることで、実際に充実した日々を送っている人も少なくないと思います。

でももし、このレールからドロップアウトしたような感覚をもちながら自信を失い、これから何をすればいいのかさえわからなくなったとしたらどうでしょう。

やはり、そのような人はいわゆる「負け組」として、息を潜めながら生きていくしかないのでしょうか。

少なくとも、私が見ているグッドバイブスの世界では、そんな馬鹿げた話はありえません。そこで今日は、この「自己実現」というイリュージョンを疑ってみようと思います。

Continue reading

時間に「有意義」や「無意味」があるのか?

よく「有意義な時間」という表現を耳にします。「有意義」の反対語は「無意味」なので、「無意味ではない時間」、すなわち「意味のある時間」とほぼ同義語となります。

これを私たちは、

「有意義な時間を過ごさなくてはならない!」

という教訓のような形で使っています。

このブログの読者の方ならわかるとおり、現在、過去、未来のうち、実在する時間は「いまここ」だけです。ということは、私たちの「いまここ」は、過ごし方によっては無意味であったり、有意義であったりするということなのでしょうか。

時間と空間は、私たちが生きる環境そのものです。それをどのように捉えるかによって、人生そのものの見え方も大きく変わってきます。そこで今日は、この「有意義な時間」というイリュージョンを疑ってみようと思います。

Continue reading

「理想の自分になる」というイリュージョン

いつからそうなったのかはわかりませんが、私たちが強く信じて疑わない「人生の正しい過ごし方」のひとつに、

「ゴールや目標を決めて、その実現に向けて日夜、努力する」

というのがあります。

もちろん、私はその考え方を全面的に否定しようなどとは思いません。おそらく、私もいま、「これがやってみたいな」「この仕事がこう広がっていくといいな」などの願望をもっていると思います。

ただ、少なくとも私は、それが自分の期待する時期に、望むような形で実現しなかったとしても、その結果をもって「なりたい自分になれなかった」と失望することはありません。

なぜならば、何かを達成することは、私にとってただの、

「自分が行うこと」(Doing)

であり、けっして、

「自分とはこのような存在である」(Being)

を決めるものではないと確信しているからです。

Continue reading

イリュージョンから抜け出すためのメソッド

このブログの開設一周年にあたる11月15日からずっと、私は「イリュージョン」というテーマで記事を書き続けています。

なぜならば、この「幻影」こそが、私たちを「平安な心」や「完全無欠のしあわせ」から遠ざけている張本人だからです。それは、拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』の裏テーマのようなものです。

グッドバイブスな存在として生まれた私たちは、成長していく過程で、望ましくないと思える出来事に遭遇するたびに、さまざまなイリュージョンを創り出していきます。

すべては、

「自分の身を守る」

という切羽詰まった目的のためです。

イソップ物語の『すっぱい葡萄』に登場するキツネが、木に実った葡萄を取ることに失敗したとき、「この葡萄はすっぱくてまずいに違いない」と、自分なりの現実を創り出すことで悔しさを紛らわしたように、たしかにこの方法には一定の効果はあります。

Continue reading

赦すのは難しいというイリュージョンを疑う

英語に「take for granted」という言い回しがあります。「あたりまえのことと思う」「当然のことと思う」という意味の熟語です。

最近、このブログでは、連日のように私たちのイリュージョンについて書いていますが、実はこの言葉、それがどのようなものかを表すのにピッタリなのです。

たとえば、次のように記述するだけで、

「We take it for granted that sins exist.」
(私たちはあたりまえのように、罪は存在すると思っている)

私たちが信じ続けているイリュージョンのひとつを簡単に描写できます。

そして、これがまさに今話のテーマです。今日は、「私たちは、自分や他人を赦すことができない」というイリュージョンを疑ってみようと思います。

Continue reading

「過去の幻影」を切り離してすべてを見直す

このブログにもっとも頻繁に登場する話題のひとつに「いまここ」があります。

ただ、これまでは、「未来を意識するといまここにいられない」という文脈の中で、このテーマについて解説することが多かったように思います。

未来はもちろん、現実には存在しないバーチャルな時間です。でも、私たちの中にはもうひとつ、やっかいな幻が居座り続けています。それが、

「過去というイリュージョン」

です。

そこで今日は、私たちが「いまここ」にいようとするとき、どのようにして過去がそれを阻むのかについて書いてみようと思います。

Continue reading