Good Vibes Workstyle

Archives: 赦す

赦す勇気を得るために気づいておきたいこと

今日はこんな質問から始めてみようと思います。

「周囲の人の目に、あなたはどのような人物として映っているか?」

できるだけリアルにイメージしてみてください。

私もいままさに、「自分がどのような人物に映っているか?」を考えています。ただ、どうしても本やブログを書いている人、音楽をやっている人など、表面的な映像しか浮かんできません。

どうやら、不特定多数を想定してこの質問に答えるのは簡単ではないようです。

では、先の問いをもっとイメージしやすいものにアレンジしてみましょう。まず、「周囲の人」を次の3つのグループに分けます。

A:職場や取引先など、仕事関連の知り合い
B:それなりに親しい友人
C:家族や恋人など、もっとも親密な人たち

Continue reading

罪も罰もバラバラ意識の中にしか存在しない

一昨日の「自分を苦しめる世界を自分自身で創造しない」と、昨日の「過去→未来→の無限ループから脱出する」と、2日続けて「ひとつ意識」に帰るための3つの入り口、

・「意味づけ」を手放すこと
・「いまここ」にいること
・「罪悪感」を手放すこと

が、どのような「ノイズ」を私たちから取り除いてくれるかを見てきました。

今日のテーマは最後に残った「罪悪感を手放す」ことです。拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』の最終章に登場し、「ひとつ意識への架け橋」と表現したこのメソッドは、まさにグッドバイブスの取り組みの総仕上げです。

それだけに、他の2つと比べて「さすがにそれは難しい!」と感じるかもしれません。でも安心してください。「難しい」はいつでも意味づけです。

一昨日からたどってきた「意味づけを手放す」と「いまここにいる」が、抵抗感を薄める助けになってくれるはずです。

Continue reading

怒る理由を自分の中から完全に消し去る方法

拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』に登場する「ひとつ意識」「グッドバイブス」「愛に基づく選択」は同義語です。その反対には「バラバラ意識」「バッドバイブス」「恐れや不安に基づく選択」があります。

そして、いまあなたがどちらにいるかは、2つの行動、

「コミュニケーションか? それとも攻撃か?」

のどれを選択しようとしているかでわかります。

今日のテーマはこのうちの「攻撃」です。私たちにとっての攻撃とは何か、なぜそれを行おうとするのか、それがどのような結果をもたらすかについて書いてみようと思います。

Continue reading

心から苦手な人、大嫌いな人をどう赦すか?

「平安な心」をもってグッドバイブスでいられるようになれば、次第に「自分の敵」と感じるような人物は少なくなっていきます。その理由は、「そういう人がいなくなった」からではなく、あなたがほとんどの人を敵視しなくなったからです。

拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』やこのブログの読者の中には、「たしかに最近はそうかもしれない」と、手応えを感じている人も少なくないでしょう。

ところが、そうして自分の周囲に敵がいなくなればなるほど、あるやっかいな現象が起こり始めます。

それは、

「心の底から苦手と思う人」
「どうしても好きになれない人」
「どれだけがんばってもグッドバイブスでいられなくなる人」

の存在に、以前よりも悩まされるような気がするというものです。

Continue reading

この世界から「嫌いな人」をゼロにする方法

今日は、「もしこの世に嫌いな人がひとりもいなかったとしたら?」という、常識では絶対にあり得ない想像をするところから始めてみようと思います。ぜひ、あなたもやってみてください。

どこに行っても、不愉快な思いをしないですむようになるでしょう。あらゆる人と一緒に仕事ができるようになるでしょう。トラブルから自分を守る必要がなくなるでしょう。自分の考えと相反する他人の意見を素直に聞けるようになるでしょう。

怒りや憤りを感じることが極端に少なくなるでしょう。初対面の人と会うことが苦でなくなるでしょう。自他の分離感が薄まるでしょう。これまでやりたくてもできなかった「愛に基づく選択」をすることに躊躇を感じなくなるかもしれません。

Continue reading

超越感や卓越感を手放し、見下すのをやめる

「いい感じ」の思いを乗せた波「グッドバイブス」は、自分の仕事から完全無欠のしあわせを得るために、なくてはならない大切な土台です。

私たちがそんな「グッドバイブス」を確かなものにしていくプロセスは、大きく次の3つの段階を経ることになります。

第1段階:ひとりのときはグッドバイブスでいられる。
第2段階:周囲の人々の言動や、思いがけぬ出来事に影響されることなく、いつでもグッドバイブスでいられる。
第3段階:自分のグッドバイブスを周囲の人々に伝播できる。

Continue reading

「言動=その人」と見なければ相手を赦せる

今日は「どうすれば他人を赦せるか?」について考えてみたいと思います。

まず、なぜ私たちは、望ましくない言動をする人を赦すことが難しいと感じるのかを認識しておきましょう。その最大の理由は、

「自分を傷つけたり、不快にさせたりする言動と、それを行った人を同一視する」

からにほかなりません。

Continue reading